坂の上の雲

能力主義を否定することで封建体制を保った徳川幕府が終わり、新しい時代「明治」は、能力主義を復活させることで人材登用を切り拓いた。ここに伊予松山藩出身の三人が登場する。彼らは其々の能力で、明治という坂の上に輝く雲をみつめて駆け上った。

一人は病魔と闘いながらも俳諧の革新に挑んだ近代俳句の祖・正岡子規。一人は日露戦争で世界最強といわれたコサック騎兵を撃破した日本騎兵の創設者・秋山好古。そしてもう一人は、その弟で、日本海海戦の丁字戦法をあみだし、無敵艦隊と呼ばれたバルチック艦隊を破った帝国海軍参謀秋山真之である。

坂の上の雲

About坂の上の雲ノロジー

坂の上の雲

「坂の上の雲ノロジー」とは、坂の上の雲と年表のクロノロジー(Chronology)を合わせた造語です。

弊サイトでは、小説『坂の上の雲』(司馬遼太郎著)の物語である幕末と明治の出来事を、時系列にてまとめています。暇つぶし程度にご覧いただけたら幸いです。

なお、誤植の指摘や追記事項のご要望がございましたら、お問い合わせページよりお知らせくださいませ。

See More

Newsお知らせ

2022.04.27
未分類 新コンテンツ「今日は何の日」を追加しました
2022.04.18
未分類 ギャラリー「明治の写真」をカラー化しました
2022.04.05
未分類 ギャラリーに画像10点を追加しました
See More

Blog

Blog坂の上の雲

See More

Chronology

Today今日は何の日

6月17日の出来事・事物起源・話題

1858年(安政5年)米国使節ハリス、軍艦ポーハタンにて神奈川に来航し日米通商条約を迫る
1866年(慶応2年)英国公使パークス、汽船にて横浜より鹿児島港に入り、藩主と会見を請う
1868年(明治元年)横浜裁判所を改めて神奈川府と称し、東久世通禧を初代知事に任命
1869年(明治2年)諸藩の版籍奉還の勅許あり、公卿、大名らの称を廃し、華族と改める
1877年(明治10年)熊本鎮台兵、三国峠を占拠
1881年(明治14年)小学校教員心得を制定する
1892年(明治25年)東京の日本赤十字社病院、新築落成(皇后行啓、開院式を行う)
1894年(明治27年)横浜市の大火(約1,000戸焼失)
1895年(明治28年)台湾総督府開庁(毎年この日を台湾始政記念日とする)
1900年(明治33年)北清事変に連合艦隊、大沽砲台を占領(海軍中佐服部雄吉戦死)
1904年(明治37年)百三十銀行臨時休業、銀行界の混乱起こる

Chronology幕末年表

※注)一般には幕末は1853年(嘉永6年)からの表記となりますが、弊サイトは明治天皇御生誕の1852年(嘉永5年)からを始まりとしています。

Chronology明治時代年表