gallery

伊勢大神宮(伊勢神宮)

伊勢神宮

本邦の宗廟にして天照大神を祀る

宮域六十七町余附属の神苑九千六百三十歩あり

東南の丘陵を神路山と云い五十鈴川其の麓を流れ山水の風光自ら森厳坐に神威の灼然たるを覚へしむ

明治33年発行『日本名勝百景』より

伊勢神宮の概要

伊勢神宮 内宮神楽殿
伊勢神宮
鎮座地
三重県伊勢市
別称
内宮を伊須受(いすず)宮・天照皇大神宮とも
外宮を豊受宮・止由気(とゆけ)宮・度会(わたらい)宮とも
祭神
内宮が天照大神、相殿に天手力男(たぢからお)神・万幡豊秋津姫(よろづはたとよあきつひめ)命
外宮が豊受大神、相殿に三座(神名不明)

皇大神宮(内宮)と豊受(とようけ)大神宮(外宮)、および両社に所属する官社の総称。古来、伊勢大神宮・二所大神宮などどよばれたが、現在は神宮を正式名称とする。

垂仁25年、諸国巡幸ののち当地に鎮座したのが内宮の始まりと伝えるが、元来この地には地方神が祭られており、五世紀〜六世紀頃に天照大神が畿内から移されたとする説もある。

一方外宮は、雄略22年、天照大神の神慮により御饌都(みけつ)神原に遷座されたと伝える。もとは伊勢の地方神であったとする説もある。

中央氏族の大中臣(おおなかとみ)氏が祭主・宮司を勤め、内宮は荒木田氏、外宮は度会氏が禰宜(ねぎ)として奉仕した。

七世紀末に式年遷宮が開始され、律令制下では最高の国家祭祀の対象として斎宮(いつきのみや)がおかれた。また天皇以外の私的奉幣が禁じられた。

平安末期以後、神領・神宝寄進が盛んに行われるようになって、御師(おし)の制が発展し、近世には各地に伊勢講が結成されて庶民の参詣で賑わった。

明治期に神宮制度の大改革がなされ、国家神道の中心となった。

第二次大戦後宗教法人となる。

社殿の建築様式は神明造とよばれる。

マップ

スポンサーリンク

Pick Up

スポンサーリンク