blog

小説「坂の上の雲」のあらすじ

  • 公開日:2022/06/15
  • 最終更新日:2022/07/03
坂の上の雲

能力主義を否定することで封建体制を保った徳川幕府が終わり、新しい時代「明治」は、能力主義を復活させることで人材登用を切り拓いた。ここに伊予松山藩出身の三人が登場する。彼らは其々の能力で、明治という坂の上に輝く雲をみつめて駆け上った。

一人は病魔と闘いながらも俳諧の革新に挑んだ近代俳句の祖・正岡子規。一人は日露戦争で世界最強といわれたコサック騎兵を撃破した日本騎兵の創設者・秋山好古。そしてもう一人は、その弟で、日本海海戦の丁字戦法をあみだし、無敵艦隊と呼ばれたバルチック艦隊を破った帝国海軍参謀秋山真之である。

坂の上の雲 1

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。
この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説。

  1. 春や昔
  2. 真之
  3. 騎兵
  4. 七変人
  5. 海軍兵学校
  6. ほととぎす
  7. 軍艦

坂の上の雲 2

戦争が勃発した…。世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍少佐秋山好古は騎兵を率い、海軍少尉真之も洋上に出撃した。一方正岡子規は胸を病みながらも近代短歌・俳句を確立しようと、旧弊な勢力との対決を決意する。

  1. 日清戦争
  2. 根岸
  3. 威海衛
  4. 須磨の灯
  5. 渡米
  6. 米西戦争
  7. 子規庵
  8. 列強

坂の上の雲 3

日清戦争から十年――じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。戦争はありえないなぜなら私が欲しないからとロシア皇帝ニコライ二世はいった。しかし、両国の激突はもはや避けえない。病の床で数々の遺業をなしとげた正岡子規は戦争の足音にききつつ燃えつきるようにして、逝った。

  1. 十七夜
  2. 権兵衛のこと
  3. 外交
  4. 風雲
  5. 開戦へ
  6. 砲火
  7. 旅順口
  8. 陸軍
  9. マカロフ

坂の上の雲 4

明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また連合艦隊の参謀・少佐真之も堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。

  1. 黄塵
  2. 遼陽
  3. 旅順
  4. 沙河
  5. 旅順総攻撃

坂の上の雲 5

強靱な旅順要塞の攻撃を担当した第三軍は、鉄壁を正面から攻めておびただしい血を流しつづけた。一方、ロシアの大艦隊が、東洋に向かってヨーロッパを発航した。これが日本近海に姿を現わせば、いま旅順港深く息をひそめている敵艦隊も再び勢いをえるだろう。それはこの国の滅亡を意味する。 が、要塞は依然として陥ちない。

  1. 二○三高地
  2. 海濤
  3. 水師営
  4. 黒溝台

坂の上の雲 6

作戦の転換が効を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。 北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地を轟かせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊に巨大な圧力がのしかかった。やせ細った防御陣地は蹂躪され、壊滅の危機が迫った。

  1. 黒溝台(承前)
  2. 黄色い煙突
  3. 大諜報
  4. 乃木軍の北進
  5. 鎮海湾
  6. 印度洋
  7. 奉天へ

坂の上の雲 7

各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。そのとぼしい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。 だが、果然、逆襲されて日本軍は処々で寸断され、時には敗走するという苦況に陥った。

  1. 会戦
  2. 退却
  3. 東へ
  4. 艦影
  5. 宮古島

坂の上の雲 8

本日天気晴朗ナレドモ浪高シ―明治三十八年五月二十七日早朝、日本海の濛気の中にロシア帝国の威信をかけたバルチック大艦隊がついにその姿を現わした。国家の命運を背負って戦艦三笠を先頭に迎撃に向かう連合艦隊。大海戦の火蓋が今切られようとしている。

  1. 敵艦見ゆ
  2. 抜錨
  3. 沖ノ島
  4. 運命の海
  5. 砲火指揮
  6. 死闘
  7. 鬱陵島
  8. ネボガトフ
  9. 雨の坂
スポンサーリンク

Pick Up

秋山真之の経歴(官歴)

秋山真之の経歴(官歴)

大正7年に発行された『秋山眞之七七日忌念写真帖』及び昭和8年に秋山眞之会より発行された伝記『秋山眞之』より、秋山真之の経歴をまとめました。 秋山真之の経…